weekly kiyoshima by chuck open

こんにちは、Chuck Openです。

ビートメイキング・レコーディング・ミキシング・マスタリングで多忙な日々です。

ビートメイキング:作曲や編曲みたいなものです。リズムの打ち込みが主体です。

レコーディング:録音です。ノイズに配慮しながら、カメラのピントを合わせるようにマイクを立てます。

ミキシング:録音したものの音質や音量のバランスを整えます。

マスタリング:媒体や他の楽曲とのバランスを考慮して、ミキシングした曲全体の音質や音量を整えます。

うまくいかなくてきついときもあるけど、楽しいです。

自分主体の作品を作れないのが唯一の不満です。いまは溜めの時期だと思ってやっています。

プログラミングもやりたいし、映像制作もやりたい。

サブスクもいいけど、何かを生み出すことの方が気持ちいい。分かち合えたら最高。

関わる人にはもっと創造的になるお手伝いをしたいし、仕事を回したい。

人の制作物に関わっていると、アーティストとエンジニアの境目が分からなくなるときがあります。

機能と脱機能、意味と脱意味のバランスで仕事の在り方はいくらでも変わるという気がしています。

生意気に聞こえるかもしれないですが、それは、プロとアマの二項対立の外にあるんだと思います。

温泉みたいなもので、湧いているものがすべてではないのかな、と。

NHさん・Sさん・Hさん・Mさん・Nさん、

スムーズに行かなくて申し訳ないです。納期確定してるもの優先で進ませてください。

年内には全部リリースします。したい。しよう。

あと、Hさん・Kさん、年明けには作業したいです。Nさん、ぼちぼちやりましょう。

伝わっているかどうかわからない業務連絡をしました。

新型コロナウイルスの蔓延以降、自分の時間やお金の使い方をよく考えるようになりました。

自分がやっていることでお金をいただくということに苦手意識があったのですが、

「自分だったらこれにいくら払う」という考え方をすることでちょっとずつ変わってきています。

でも、「お金じゃ逆に効率悪くない?」と思うこともあります。

最終的にはお金じゃ買えないのを欲しくなるから。

まあとにかく、音楽に関わることで仕事をいただいているのは夢みたいです。

大倉山のミスドで一緒に働いてた仲間たちに伝えたいです。

今じゃプラスチックのドーナツ焼いてるの、笑える。

Uさん、忙しいのにいつも相談に乗ってくれてありがとうございます。

タプ屋さん、O livingさん、いつも話聞いてくれてありがとうございます。

まだこれからが始まりという気がするし、

この先にどんなヴィジョンを持ってやっていくか、探る日々です。

音楽のことを考えていると、「非音楽」とか「反音楽」とか「半音楽」って何だろう、

という問いにたどり着くことがあります。

アートマンスの企画ではちょっとそこに踏み入るようなことをやるつもりです。

ところでこういうソフトがあるんですけど、

https://www.dtmstation.com/archives/21917.html

そのうち写真や絵画から音楽作れるんだろうなあと思っていたら、こんなものを見つけました。

https://finders.me/articles.php?id=233

リスペクトしかないですね。ちゃんちゃん。

*追記
最近はPlastikmanの作品をよく聴きます。あとLINE漫画の『声なきものの歌~瀬戸内の女郎小屋~』『弱虫~チンピラ~』にはまっています。

カドウ建築の宴inOPAM

大分県立美術館は今年で5周年!

5年前は混浴温泉世界 開催年で、県立美術館も開館し、大分のアートが大変盛り上がった年でした。

10月25日、大分県立美術館開館5周年記念関連事業、「カドウ建築の宴inOPAM」に清島アパートが参加しました!

県内で引き続き活動を続けている 元住人達も出展しており、大変な賑わいでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともとは延期になっていたイベントでしたが、このように 改めて開催されることになり、有難いです🙏

 

現在、清島アパートでは12月に開催される毎年恒例、ベップアートマンスへ参加するため 住人達が準備をしています。

感染症対策も考えながら、楽しいイベントも考え中!

ぜひ 遊びに来てください〜!

 

 

胎内アート

このコロナ下月に1、2度有田と別府の往復生活、其の中で一番の楽しみは温泉。

それも旅館やホテルの大きな湯船でなくて、小さな路地裏の共同風呂。

其処で出会える人、番台のおばさんもいいけど、やはり畳2、3畳サイズの小さな湯船、そこは安らぎとと開放感と居心地の良い、母のお腹。

胎内温泉生活でいつかいい絵が描けるといいな。

インターネット配信【トークイベント『こんにちは、清島アパートです。〜2020〜』】

8月1日に開催した、トークイベント『こんにちは、清島アパートです。〜2020〜』の様子を、YouTubeのBEPPU PROJECT公式チャンネルにて公開しました。イベントでは、アーティスト・クリエイターの居住・制作の場『清島アパート』に入居した7名のアーティストが、これまでの活動や今後の展望を語りました。ぜひご覧ください。

 

トークイベント『こんにちは、清島アパートです。〜2020〜』

登 壇:大平 由香理、勝 正光、SHIN KOYAMA、ズッキュンゴリラ 安武 萌、Chuck Open、野口竜平、弁弾萬 最強

開催日:2020年8月1日 (土)

場 所:不老泉2階集会室

 

 

Weekly KIYOSHIMA 2020.7.22

清島アパート入居12年目の勝 正光です。
定期投稿2周目が回ってまいりました。前回に続き、投稿時点での目先のことを記していきます。
目先のことといえば、依然として新型コロナウイルスのこと。もう数ヶ月ウィズコロナなので、コロナ以前の世界と比べることも無くなってきちゃいました。
清島アパート入居作家のいち事例として、前回投稿以後の経緯を羅列します。

“Weekly KIYOSHIMA 2020.7.22” の続きを読む