竹下洋子
HP
twitter

私はずっと絵描きである。8歳から編物で色遊びを始め、
16歳から絵具と絵筆で描く絵画の世界に魅了され絵の道へ進んだ。
27歳からふたたび編物を始め、17年間たくさん編んだ。
今、絵筆で描くドローイングに夢中だ。
2010年秋冬、絵と編みの17年ぶりの出会いがあり、
このふたつを融合させて新しい絵画を創りたいと思っている。
人が纏う絵画を。

2010年春から清島アパートの一室で昼間だけ制作に没頭しています。
国東市の自宅から毎朝8時に出勤です。別府の町にますます恋焦がれてます。

竹下洋子プロフィール
1966   長崎県生まれ
1989   東京芸術大学美術学部絵画科油画卒業
1991   東京芸術大学大学院修士課程修了(油画技法材料研究室)
1995 ニツト 個展「色を結ぶ、音を編む」(渋谷パルコロゴスギャラリィ/吉祥寺パルコ)よりニットを発表
1996 ニット 個展「シャクシャク」(渋谷パルコロゴスギャラリィ)
1997 秋冬よりニットブランドYokoTakeshita設立。国内セレクトショップで販売を始める。
2001 「長崎の現代作家ー竹下洋子展」(長崎県立美術博物館主催)開催
有限会社アキ工作社にニット事業として参加し、制作の拠点を大分県へ移す
2007  「デザイン希望峰 清水久和/竹下洋子/城谷耕生の活動」(長崎県立美術館主催)
2009    竹下洋子制作室としてニットの制作活動を再開する。
ギャラリーあり個展(湯布院)。ギャルリィワッツ個展(南青山)
2010  1月30日~2月11日まで『Yoko  Takeshita  ニット展』をH.P. DECO福岡で開催
    7月24日「別府路地裏ファッションウォーク」を自主企画で開催